トップページ | 2006年8月 »

2005年7月16日 (土)

福生市教育委員会への要請書

                                要 請 書
福生市教育委員会殿

 下記のように、教育基本法の精神が教育運営にいままで十分生かされていたら、いまのような困難な社会状況にまで到らなかったと思います。ただ条文を暗記させて、教育の目的を果たしたかのように思いこむような、教育ではあってはならない。
 毎日のように、大人からこどもに到るまで、信じられないような「人」を大切に思わない犯罪が繰り返されています。「人権」教育の未浸透を憂います。
 その意味でも小泉首相、石原知事に、憲法を正しく実践した教育のもと、再教育がもっとも望まれる方達です。
 「真理と平和を希求する人間の育成」にもっとも反した、まさに憲法に敵対するような内容が多く盛り込まれているもの、なによりも、2000万人のアジア国民と、310万人の日本人の命を奪った戦争に対する深い反省こそが、教育の原点に据えられるべき課題にも係わらず、「正しい戦争」であったかのような記述をするような反憲法的な教科書は、絶対に採用されてはならないと考えます。歴史を「過去の忌まわしい戦争国家」に復帰させるような教育は、断じてゆるされてはなりません。戦争で亡くなられた多くの方達の尊い死を無にしないためにも、日本人の良心にかけて断固拒否されなければならないと考えます。
 以上のような理由から、「新しい歴史教科書をつくる会」編集の教科書(扶桑社発行)を採択しないよう要請致します。
                                                    2005.7.6       
                                                    福生市福生947番地 奥富喜一
教育基本法前文
 われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。
(教育の目的)
第1条 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。
(教育の方針)
第2条 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。
(教育の機会均等)
第3条 すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであって、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない。(以下省略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年8月 »