2007年7月11日 (水)

7月13日(金)午前12時から、福生駅東口で、参議院東京選挙区予定候補の田村智子さんが演説を行います。

いよいよ明日は、参議院議員選挙の公示日です。
そして、参議院議員選挙の投票日は、7月29日(日)です。

今度の選挙は、自民・公明の暴走政治をストップさせ、
安倍政権に「NO!」を突きつける大事な選挙です。

改憲派の自民・公明・民主に東京の5議席を独占させるわけにはいきません。
日本を戦争する国にしないため、憲法九条を守りぬくためにも、
くらしと平和を守る「たしかな野党」がいまこそ必要とされています。
そのためにも日本共産党の議席を伸ばすことが
国民のくらしと平和を守るたしかな力になります。

7月12日(木)午前9時30分 新宿駅西口

日本共産党街頭演説

弁士:委員長・衆議院議員・・・・・・・・・・・志位和夫

    参議院東京選挙区予定候補・・・・田村智子

    参議院比例予定候補・・・・・・・・・・谷川智行

が、参議院選挙第一声の訴えを行います。どうぞお誘い合わせ、おきがるにご参加ください。

7月13日(金)午前12時から12時半まで福生駅東口で、
参議院東京選挙区予定候補の
田村智子さんが、みなさまに政策を訴えます。私奥富喜一が司会を務めます。

7月16日(月)午後2時から、立川駅北口で、
どうする年金・増税・憲法九条など、
市田忠義書記局長、田村智子参議院東京選挙区予定候補、谷川智行参議院比例予定候補(医師)がお話します。

みなさま、おさそいあわせのうえ、ご参加をお願いします。

日本共産党の参議院議員選挙の情報のサイト
http://www.jcp.or.jp/giin/senkyo.html

参議院議員選挙・東京選挙区予定候補の
田村智子さんのホームページ
http://www.tamura-jcp.info/

参議院議員選挙・比例代表候補の
谷川智行さんのホームページ
http://www.t-tanigawa.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

横田基地の軍民共用化反対

福生市長に対し「横田基地再編強化に関する」要請行動

2006.11.16での奥富、松山市議、田村智子(参議院議員元秘書)他の福生市長との対談風景の写真です。下記ファイルのクリックで見れます。

「DSC00705yokotasaihenn.pdf」をダウンロード

横田基地の軍民共用化についてのアンケート
西多摩新聞社 6月25日締切への奥富喜一の回答文

①(1.賛成 2.反対 3.どちらでもない) 2.反対 

②①の理由(200文字前後)
 横田基地の存在は、これまでも五日市街道の屈曲、JR八高線の屈曲、西武線の延伸障碍等、交通網や商工業発展の最大阻害要因でありました。現在においても騒音被害、生活文化での環境被害は大変由々しいものがあります。横田基地の軍民共用化は米軍基地再編強化と合わせ、基地の恒久化と、様々な被害をいっそう拡大するものでしかなく、住民が願う交通網や商工業の発展、騒音等被害の軽減・根絶等とは逆行するものだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

明日は福生市議会議員選挙の告示日です。

都知事選では、吉田万三さんへのご支援、ありがとうございました。

残念な結果でしたが、60万を超える有権者の意思は、

これからの都政に必ず反映されると思っています。

そして、いよいよ明日は、福生市議会議員選挙の告示日です。

投票日は、4月22日(日)です。

4年前には本当に悔しい思いをしましたが、この4年間、行政書士として、

市民の方の相談活動等を一生懸命やってきました。

この経験を生かし、市民の声を市政に反映させるべく、

くらしを守る仕事を、日本共産党の 奥富 喜一 にさせてください。

どうか、皆様のご支援を、よろしくお願い致します。

お詫び 明日からの1週間は、公職選挙法の規定により、

ブログの更新はできなくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

小作に万三さんが来ます!

3月29日(木) 18時に、吉田万三さんが来ます!

場所は、JR青梅線の小作駅東口です。

下町のドラえもん を生で見られる機会です。

私も参加します。現地でお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

新宿駅西口で都知事選告示日の第一声です!

新宿駅西口で都知事選告示日の第一声です!

3月20日(火)朝7時30分から、
TBSテレビ「みのもんた朝ズバッ」
吉田万三さんが、出演!

3月22日(木)9時30分から、新宿駅西口で、
吉田万三さんが、告示日の第一声を行います。!
日本共産党の、志位委員長も訴えます。

みなさま、おさそいあわせのうえ、ご参加をお願いします。

立川に、吉田万三さん、来たる!

3月25日(日)17時から、立川駅北口で、
吉田万三さんが、お話します。

4月2日(月)18時から、新宿駅西口で、
吉田万三さんが、お話します。

みなさま、おさそいあわせのうえ、ご参加をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本共産党対話演説会」を行いました。

「日本共産党対話演説会」を行いました。

会場のイスが足りなくなるほど、大勢の市民の方がご来場してくださり、

大変盛り上がった、演説会になりました。

後援会長の熱のこもった挨拶をいただき、

前福生市議会議員の奥富喜一の演説の後、

市民の方の福生市政へのご意見・ご要望も出され、

私にも勉強になる演説会になりました。

ご来場いただいた皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

2005.8.1キャラバン行動

 今年で第13回目の高齢者全都共同要請行動申し入れ(「キャラバン行動」)活動
 福生市では8月1日に福生市役所3階の会議室において、私たち13名、市側10名で、事前に提出された申し入れ書に対する、付属文書の回答書の配布を受け、これをもとに、私たちと市側担当者との、意見交換が行われました。
 乳幼児医療費助成制度の所得制限をなくすことについては、すでに今議会で全会派一致で意見書採択がされた事。国民健康保険財政では、他市に比べて収入も低いが、同時に支出も抑えられている点から、長期にわたる健康診断の取り組みの成果があることが分かる、病気の予防に力を入れることの大切さの認識はある事。小学校入学前までは、多くの家庭で医療機関の受診が特に多い事実などを考慮。「厳しい財政事情の中ではあるが、前向きに検討をしたい」との回答を引き出すことが出来ました。
 介護保険の要支援全部、要介護度1の7~8割が、予防介護に回され家事援助の利用対象者から外されようとしている問題など、介護保険本来の機能が果たされなくなる問題、延長保育を8時までにして欲しい、平和憲法の立場に立ち、つくる会教科書を採用しないでなど、沢山の意見が出されました。
 年金、国保、保育、雇用対策、公契約条例、仕事増やし対策、教育と盛りだくさんで、10時から11時の約1時間半との事前の約束では収まらずに、12時近くまで続きました。それでもとても時間が足りないと誰もが思える充実した意見交換が行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米軍基地再編に関する申し入れ書

福生市長 野澤久人様
米軍基地再編に関する申し入れ書
2006年2月13日       
日本共産党福生市委員会      
                        松山 清、奥富喜一

 横田基地の米軍再編に関する情報の開示について、ご努力されている取り組みに感謝申し上げます。
 さて、「市民のご意見を募集中」とされておりますが、市民の方がいざ記入をするとすれば、様々な思いが重なり、なかなか踏み出すことは難しい面があると思います。
 つきましては、次の点について至急改善されることを強く望むものです。

要請項目

1.氏名、住所、年齢などを、なぜ記入しなければならないのでしょうか、匿名可としてください。
2.「市長への手紙」も利用できるようにして下さい。
3.電話でも受付をしてください。
4.「反対」「賛成」のわかりやすい形で市民の声を掴むことが必要です。市民が簡単に応答できるようにして下さい。
5.市民の大事な意見ですので、期日を2月末日に締め切らずに、もっと締め切り日を延ばしてください。
6.広報無線で呼びかけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

福生市教育委員会への要請書

                                要 請 書
福生市教育委員会殿

 下記のように、教育基本法の精神が教育運営にいままで十分生かされていたら、いまのような困難な社会状況にまで到らなかったと思います。ただ条文を暗記させて、教育の目的を果たしたかのように思いこむような、教育ではあってはならない。
 毎日のように、大人からこどもに到るまで、信じられないような「人」を大切に思わない犯罪が繰り返されています。「人権」教育の未浸透を憂います。
 その意味でも小泉首相、石原知事に、憲法を正しく実践した教育のもと、再教育がもっとも望まれる方達です。
 「真理と平和を希求する人間の育成」にもっとも反した、まさに憲法に敵対するような内容が多く盛り込まれているもの、なによりも、2000万人のアジア国民と、310万人の日本人の命を奪った戦争に対する深い反省こそが、教育の原点に据えられるべき課題にも係わらず、「正しい戦争」であったかのような記述をするような反憲法的な教科書は、絶対に採用されてはならないと考えます。歴史を「過去の忌まわしい戦争国家」に復帰させるような教育は、断じてゆるされてはなりません。戦争で亡くなられた多くの方達の尊い死を無にしないためにも、日本人の良心にかけて断固拒否されなければならないと考えます。
 以上のような理由から、「新しい歴史教科書をつくる会」編集の教科書(扶桑社発行)を採択しないよう要請致します。
                                                    2005.7.6       
                                                    福生市福生947番地 奥富喜一
教育基本法前文
 われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。
(教育の目的)
第1条 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。
(教育の方針)
第2条 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。
(教育の機会均等)
第3条 すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであって、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない。(以下省略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)